1. 二の腕

部位別紹介

ベイザーリポを施術部門別に詳しくご紹介します

二の腕

筋肉量が影響する二の腕

内出血の少ない顔(顎)

顔同様に効果の分かりやすい場所です。
人によっては、左右で筋肉の付き方や皮膚のたるみ具合が違う場合があります。
また、脂肪を取っても筋肉が大きければ、細くなったように見えないことも。

注意点

ドクターの技術力が未熟な場合、吸引しやすい中央部分は取り過ぎ、吸引が難しい腕の付け根近くや傷口の周囲は取り残しやすいため、不自然なデザインになってしまうことがあります。

注意点

線維組織が硬い部分は脂肪を除去しづらい箇所。そういった部位にも効果を出せる機器の性能と技術力が必要。

症例

アフターケア

アフターケア

術後は、片袖ずつ着用でき、背中にホックのついている上腕用サポーターを、術後3日目まで着用します。抜糸以降は着用しなくても大丈夫ですが、1~2週間ほど着用する方が多いようです。また、装着している方が、マッサージの時に痛みが軽減するという方もいます。
ただ、きつすぎるとかぶれたり、指のむくみが強くなるので適度な圧のものを使用してください。

組み合わせ提案

背中(上腕付け根・肩甲骨下)や胸横(ブラからはみ出る部分)も吸引するとほっそりと華奢な印象が得られます。
また、豊胸施術の際に一緒に行うと、バストのボリュームをより強調することができます。

詳細はこちら

ページトップに戻る