部位別紹介

ベイザーリポを施術部門別に詳しくご紹介します

女性化乳房の診断が必要な胸

女性化乳房の診断が必要な胸

女性化乳房(男性の胸が女性のようにふくらんだ症状)において、真性か偽性か、きちんと診断が必要な部位。
女性のように皮膚が伸びているケースも多く、しっかり皮膚を引き締めないと、ボリュームを落としてもカッコ悪い胸になってしまいます。

注意点

当院は胸のデザインにおいて、VASER4D Sculpt で多数の症例経験を有しますので、ただボリュームを落とすだけでなくバランス良く、たくましい筋肉の陰影をつけることが可能です。
しかし、こういった経験による技術力がドクターになければ、満足度は得にくいでしょう。

症例

アフターケア

アフターケア

チューブ包帯とベスト型のサポートインナーを1週間は着用いただきます。その後も、何もしないとむくみが悪化し、痛みやピリピリ感などの違和感が出やすくなったりしますし、皮膚を引き締めている方が水分の貯留するスペースもできにくいので、伸縮性の強い、スポーツタイプのT シャツを着用することをおすすめします。

組み合わせ提案

トータルのボディバランスという視点から、やはり腹部や二の腕のベイザーリポ、もしくはVASER 4D Sculpt のデザイン性を組み合わせれば、より男らしい体つきになります。

詳細はこちら

ページトップに戻る