部位別紹介

ベイザーリポを施術部門別に詳しくご紹介します

顔(頬)

効果の出やすい顔(頬)

効果の出やすい顔(頬)

もともと大量の脂肪がついている部位ではないので、少量の脂肪採取で効果が出やすい箇所です。また、内出血が少ないのも特徴と言えます。

注意点

取り過ぎると頬がこけ、老けたように見えてしまったり、たるみが出て法令線のしわが目立ったりするので、バランスを考慮した施術を必要とします。

注意点

症例

症例

アフターケア

アフターケア

サポーターはフルフェイスタイプ。ドラッグストア等で販売している「むくみ対策マスク」でも代用できます。
施術翌日の朝までは必ず装着し、それ以降は着けなくても大丈夫ですが、1~2週間ほどは在宅時だけでも着用すると効果的です。外出時に気になるようなら紙マスクを使用すると良いでしょう。

組み合わせ提案

輪郭の丸さが改善されるように、あごや鼻筋を通せば、よりすっきりした印象になります。こちらは、注入系施術のマイクロCRF やレディエッセがおすすめ。
もともと皮膚のたるみがある方は、フェイスリフトを組み合わせるのが有効的です。

ページトップに戻る