脂肪吸引との施術比較

脂肪吸引を超えた新治療のベイザーリポの特徴をご紹介します

従来の脂肪吸引とベイザーリポの違い

従来の脂肪吸引

  1. 従来の脂肪吸引1
  2. 従来の脂肪吸引2
  3. 従来の脂肪吸引3

従来の脂肪吸引では、カニューレ(吸引管)の操作により、脂肪以外の周囲の組織に機械的ダメージを与えてしまいます。特に、血管や神経が集まる筋肉層や、皮膚と筋肉をつなぐ線維組織にダメージを与えると、内出血や知覚鈍磨などを引き起こしやすく、ダウンタイムも長く、辛い術後が続きます。

脂肪層の浅い層を残し、皮下脂肪の約70%の除去が可能ですが、カニューレの操作によって線維組織が傷つき、内出血やたるみが起こります。

ベイザーリポ

  1. ベイザーリポ1
  2. ベイザーリポ2
  3. ベイザーリポ3

ベイザーリポ(VASER Lipo)は、振動のエネルギーの3G(第3世代)超音波(VASER波)で治療部位の脂肪だけを遊離し、 刃のないカニューレで吸引します。血管や組織のダメージを最小限に抑えることができるので、術後の内出血や痛みもほとんどなく、ダウンタイムの少ない治療が可能となりました。

刃のないカニューレによってゴム状の線維組織を傷つけることが無く、皮膚を引き締めながら、皮下脂肪 の90%の除去が可能です。

脂肪除去施術とベイザーリポの比較

従来の脂肪吸引 脂肪溶解駐注射 ベイザーリポ
原理 脂肪を掻き出す 脂肪を溶かし掻き出す 脂肪VASER波で遊離し除去する
効果 ★★★ ★★★ ★★★★★
内出血 多い 少ない ほとんどない
痛み 多い 少ないがある ほとんどない
日常生活
制限
多い 少ない ほとんどない
術後の
硬さ
ある ある ほとんどない
麻酔 範囲により 範囲により 静脈・局所
治療回数 1回 1回 1回
治療時間
(1部位)
数時間 数時間 数時間
費用
(1部位)
10〜50万円程度 10〜50万円程度 34万円〜

ページトップに戻る