二の腕脂肪吸引の失敗回避ガイド-これさえ分かればもう安心!|男性の脂肪吸引が分かるコラム
二の腕脂肪吸引の失敗回避策を紹介するコラム

二の腕脂肪吸引の失敗回避ガイド-これさえ分かればもう安心!

二の腕の脂肪吸引でよくある失敗と、その原因

二の腕の脂肪吸引では、どのような失敗が起こり得るでしょう? まずはその具体例と、考えられる原因を解説します。

二の腕脂肪吸引の失敗① 形が不自然

二の腕中央の、比較的柔らかくて吸引しやすい脂肪だけを過度に取り除いた結果、肩からのラインが崩れて生じる失敗です。原因は、デザインが不十分であったことや、脂肪をまんべんなくきれいに吸引できなかったことなど、美容外科ドクターの技術不足にあります。

二の腕脂肪吸引の失敗② より一層たるんだ

たるみを取るはずの脂肪吸引を行った結果、皮膚が余ってより一層たるんでしまうというこの失敗。ドクターの手技使用機材の性能のせいで、皮下の線維組織(結合組織)を傷つけたり切断してしまったりすることが原因です。また、たるみの状態・肌質を考慮せず強引に脂肪吸引を行った際にも起こりえます。二の腕の皮膚は弾力が弱いので、年齢によってはたるみやすくなるのです。

二の腕脂肪吸引の失敗③ 溝ができた

カニューレの通った部分だけが溝のようにくぼみ、細いラインを残してしまう失敗です。旧式の機材で皮膚直下の脂肪を雑に吸引した場合などに生じます。また、吸引箇所を見誤ったドクターが、この部分を無理矢理に吸引すると溝の跡が顕著に表れてしまいます。

失敗しない二の腕脂肪吸引。クリニック選びの2つのポイント

主な失敗をご覧いただくと、その原因の多くはドクターの技術力にあることがお分かりいただけると思います。つまり、失敗回避で大切なのはドクター選びということです。でもその際、何に注意すれば良いのでしょう? ここでは、ドクター選びの決め手となる事前カウンセリングで、押さえておくと良いポイントをご紹介します。

チェックポイント① 症例数に潜む「罠」

まず気になるのは経験値。ドクターがこれまでに扱ってきた症例数です。症例数の多いドクターは、それだけ施術にも慣れている、だから失敗も少ないと考えられます。ただ、そこには大きな落とし穴があることも。注意していただきたいのは、症例の数え方です。
例えば、ゲスト10人に二の腕の脂肪吸引を行った場合、扱った症例数は何例と表記されるべきでしょう? 当然10例ですよね。でも中には、これを20例と表記してしまうドクターもいます。片方の二の腕を1例とカウントしているのです。普通、二の腕の脂肪吸引を片腕だけ依頼する人はいませんから、これはおかしな話なのです。さらにたちが悪いと、二の腕と肩を分けてカウントして、片腕だけで2例、両腕で4例とカウントするケースもあるのだとか。少しでも症例数を多く見せようと、こうした小細工はいまだに見受けられます。症例数が、経験年数(または美容外科の開業期間)の割にやたら多い、他院のドクターよりずば抜けて多いなど怪しいと感じたら、カウンセリングで確認してみると良いでしょう。

チェックポイント② 施術(治療方法)の決め方

例えあなたが脂肪吸引を希望してクリニックを訪れたとしても、良いドクターなら、二の腕の状態を見たうえで、あえて別の施術を提案することもあり得ます。たるみの原因が脂肪ではなく伸びた皮膚だとしたら、脂肪吸引は無意味だからです。
もしあなたの担当医が二の腕の状態を確かめもせず、頭から脂肪吸引を行うことを決めてしまっているようなら、そこでの施術は考え直した方が良いかもしれません。
またひどいときには、カウンセリングをドクターが行わないこともあります。カウンセラーとのやりとりだけで成約までさせられるケースがあるのです。言うまでもないことですが、このような場合も、やはり施術を任せるべきではないと思います。

THE CLINICの二の腕の脂肪吸引。他院との違いは?

二の腕の脂肪吸引は、当院でも人気の施術の一つです。ここに、その実績の一端をお見せしましょう。
私たちには、このような結果を得るための独自のこだわりポイントがあります。

こだわり① 丁寧なアフターフォロー

術後ケアについて事前に情報をお伝えするのはもちろん、術後の些細な心配にも丁寧に対応させていただきます。
当院の特徴は、スタッフの中に、THE CLINICの施術経験者が多数在籍していること。もちろん、二の腕の脂肪吸引を受けた者も少なくありません。そのため、実体験に基づく具体的なフォローが可能なのです。

こだわり② 二の腕の形状に合わせた、多種多様な道具を活用

二の腕(上腕)は二等筋、三等筋、三角筋が入り組んでいます。このような複雑な構造の部位でも脂肪をしっかり取り除くことができるよう、当院では多種多様な道具を取り揃え、それらを適材適所に使い分けます。例えば、女性らしい曲線を表現するためには、先端が曲がったカニューレを使用することがあります。また、男性の二の腕のようにしっかりとしたメリハリが必要なケースではPOWER Xという回転式のアタッチメントを活用します。

こだわり③ メインはベイザー脂肪吸引

ベイザー脂肪吸引の大きな特徴は、体に負担が少ないことと、吸引後の組織の引き締め効果が期待できることです。 従来の脂肪吸引機では、先端に刃の付いたカニューレで脂肪組織をそぎ落としていましたが、このとき、周辺の線維組織はどうしても傷つきます。その結果、術後に皮膚のたるみが生じやすくなるのです。
一方、ベイザー脂肪吸引では、まず対象となる部位に特殊な超音波(VASER波)を照射して、組織から脂肪細胞だけを遊離させた後、バラバラになった脂肪細胞だけを刃のないカニューレで吸い出します。線維組織を傷つけないので、内出血や炎症のリスクが少なく、手術後の皮膚の引き締め効果まで期待できるというわけです。たるみが生じやすい二の腕には、特にうってつけと言えます( 詳しくは「二の腕の脂肪吸引でファッション攻略」をご覧ください )。

こだわり④ 脂肪吸引技術を他院のドクターに指導

ベイザー脂肪吸引は、一定のトレーニングを経て認定されたドクターしか行うことが許されない、ハイレベルな脂肪吸引です。当院のドクターは全員、この施術を行うための認定資格を持っています。
また、この技術を正しく広めるべく、定期的に他院のドクターの技術指導にもあたっています。全国のどの施設でも当院と同じような効果が得られるように、ささやかではありますが、今後もこうした協力は続けていきたいと考えています。

脂肪吸引の「初めて」に多い二の腕。だからこそ…

二の腕は、脂肪吸引ビギナーが最初に試みる部位として選ぶことが多いようです。吸引する脂肪量が少なめであること、日ごろから露出する機会が多い部位なので、術後一時的に傷ができても不自然でないこと、痛みなどのダウンタイムが、太ももなどに比べて比較的軽いことなどが主な理由です。
私たちはだからこそ、失敗のない施術を行わなければならないと考えています。最初の施術で失敗し、トラウマをうえつけてしまうのは罪深いことです。本当に良い脂肪吸引は、人の気持ちを前向きにし、その人の生き方にも良い影響が与えられると確信しています。すべてのゲストにこのような施術を行うことを、私たちは日々目指しています。

只今、二の腕脂肪吸引の限定モニターを受け付け中!

コラムのポイント
  • 二の腕の脂肪吸引の成否を分けるのは、ドクターの技術力
  • 二の腕の脂肪吸引の失敗を避けるには、ドクター選びが特に重要
  • THE CLINICには失敗を回避するために、絶対に譲れないこだわりがある

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)