脂肪を捨てるのはナンセンス? 注目される脂肪の可能性|脂肪吸引やベイザーリポで失敗しないためのコラム
世界が注目している脂肪の活用についてのコラム

脂肪吸引したら活用が常識に? 脂肪の可能性が話題

再生医療から基礎化粧品まで 応用される脂肪由来幹細胞

ベイザー脂肪吸引:脂肪の可能性は年々注目度が高まっている

THE CLINICでは開院当初から脂肪の研究や脂肪の活用に力を入れ、学会でもその成果をたびたび報告していますが、やはり一般の方にはまだまだ不要なものという認識が根強いようです。しかし近い未来、そんな考えは時代遅れと言われるようになるかもしれません。
そう言わしめるのが、脂肪組織に含まれる幹細胞の存在。幹細胞には他にもiPS細胞や骨髄由来のものがありますが、脂肪から採取した幹細胞は皮膚や血管、骨、心筋など、他の細胞に変化する能力を持っています。しかも、脂肪からは骨髄の100〜1000倍もの幹細胞を抽出可能。費用面も何千万とかかってしまうiPS細胞の移植手術に対し、脂肪吸引で採取できる脂肪由来幹細胞は比較的に安価と言えるでしょう。こういった背景もあり、乳がん手術後の乳房再建や整形外科の関節症治療など、再生医療の有益な素材として熱い視線が注がれ、実際にニュースにもしばしば取り上げられています(出典:日本経済新聞 電子版)。
そうは言っても、脂肪由来幹細胞にはコラーゲン生成や線維芽細胞といった皮膚組織に必要な因子を増やす作用が確認されているため、やはり美容分野におけるニーズが最も高いと言えるでしょう。美容医療はもちろんのこと、より身近なスキンケア部門でも脂肪由来幹細胞の働きを高めようとする研究がスタートしていて、すでにロート製薬が商品化も。ちなみに、この分野の広がりを重視しているロート製薬と、THE CLINICは共同開発を行っています。

脂肪は濃度を高めて利用するという常識

THE CLINICで脂肪を活用する際は、用途に合わせてコンデンスリッチファット(CRF)マイクロCRFに加工します。どちらも肥大した老化細胞まで排除した良質な脂肪です。細かく健全な脂肪細胞だけなので、従来の脂肪注入より体積あたりの脂肪量が多いことが特徴。また、不純物がないことで脂肪組織に存在する幹細胞のより活発な働きが期待できるため、美容医療における脂肪素材としては主流になりつつあります。
そんな脂肪を活用した美容施術で特におすすめなのが、繊細な部位のしわやたるみ、肌質改善に効果的「マイクロCRF」に、脂肪を使って立体に仕上げることでリフトアップの常識を変えた「3Dセルリフト」。ボディデザインで言えば、いまや脂肪豊胸の代表格とも言える「コンデンスリッチ豊胸」があげられます。もちろん、脂肪の採取(脂肪吸引)や脂肪注入の技術力が結果を左右しますが、どれも高い満足度が期待できる施術です。
脂肪吸引のカウンセリングでは脂肪の活用法を同時に相談する。そんなことが当たり前になるのも、そう遠くない未来の姿なのかもしれません。

ベイザー脂肪吸引:脂肪注入による施術の症例

コラムのポイント
  • 皮膚や血管などに変化する脂肪幹細胞が再生医療の主役になりつつある
  • 脂肪幹細胞は美容でのニーズが高く、その働きに着目した基礎化粧品も登場
  • 美容医療では脂肪幹細胞の濃度を高めて利用する方法が主流に

ボディデザイン・他院の修正のご相談はこちら

ご相談から施術・術後までドクターが責任をもって行います

  • 無料ドクターメール相談24時間以内に返答いたします
  • 無料カウンセリング予約初診・再診も無料です
  • THE CLINIC 福岡
    0120-98-3929+81-92-732-3155(海外から)
  • THE CLINIC 東京
    0120-60-3929+81-3-5775-3400(海外から)
  • THE CLINIC 横浜
    0120-88-3929+81-45-548-3106(海外から)
  • THE CLINIC 名古屋
    0120-05-3929+81-52-955-8366(海外から)
  • THE CLINIC 大阪
    0120-77-3929+81-6-6313-0015(海外から)